2019/03/13

【フライヤーデザイン】木箱 Taiwan Tour 2019


木箱 台湾ツアー(2019)、
ビジュアルデザインを担当させていただきました。
--------------------
4/27 sat
新竹/@ 江山藝改所
https://www.facebook.com/JSYGS/?ref=br_rs

4/30 tue
台北/@ Revolver
https://m.facebook.com/RevolverTW/?ref=content_filter
https://www.revolver.tw/

Kibaco is electronic music duo consists of SAyA(Vo.Synth.Programming) and Satoshi Nishimura(Programming.Gt) living in Sapporo Japan.
Their unique world is characterized by SAyA’s whisper-like clear voice melt into the warmly organic tracks.
To commemorate their brand new album “Orb” under the theme of Universe,
Their first Taiwan tour has been decided!!
---
來自日本札幌的SAyA(Vo.Synth.Programming)和Satoshi Nishimura(Programming.Gt)
的電子音樂團體-木箱(kibaco)。
融合SAyA的高透明的歌声於音樂的有機的溫存,展現獨有的世界觀。
為紀念以宇宙主題而製作的新專輯【Orb】的發售
特此,樂隊第一次決定來到台灣演出。
--------------------


札幌を拠点に活動する、電子音楽ユニット「木箱」(https://kibaco.net/)。
台湾ツアーのフライヤーデザインを担当いたしました。


今回は、"ステージから見上げる宇宙"がテーマのテキスタイルを描きました。

木箱として初めての海外LIVEとなる旨を聞き、
まだ見ぬ新しい国(ステージ)から見上げる空には、いくつもの可能性が輝き、
たった一つの宇宙になるのだろう、と感じました。
太陽のステージ、水のステージ、春のステージ、希望のステージ。
静かな星座のラインとともに。

台湾の朗らかな彩度を意識しながら、
明るさとソリッド、それぞれの質感を目指して。


宇宙をテーマに制作されたnew album「Orb」は、
言葉を越えて心に共通する光で、満ちているから。
海外で鳴り響くことが、純粋に楽しみでなりません。
そして、こうしてささやかながらも一つのサポートをもって送り出せることが、
とても嬉しい限りです。

台湾在住の方が身近にいらっしゃる皆様、
宜しければ是非、このフライヤーと一緒に情報をお届けくださいませ。

2018/12/31

2018


Illustration "きもちのかたどり" (2018.12.30)



2018年も、大変お世話になりました。
いつもそばにいてくださった方々、新しく知り合った方々、物理的には会えずとも心をつないでいただいてきた方々。
すべての皆さまに感謝申し上げます。


この一年は、めぐり逢いの時間だったように思います。
これまで以上に北海道外でのご縁が増え、
東京での展示やお仕事、たくさんの経験を与えていただきました。
東京という街に少しずつ、ひとつずつ、帰ってきたい場所や「ただいま」を言いたくなる人々が増えていって、
再会の日の為、表現の質を濃く太く高めていきたいと、毎日の意識が強くなります。

暮らす街の空気は、作品づくりにおいてかなり重要な部分であって、
例えば私は、北海道の冬の繊細さ・厳しさがベースに存在していて。
この場所で、肌で、薄い膜のような刺激を重ね染み付いてきたエッセンスたち、
作品を介して、遠くの皆さまに語りかけていきたい。


新しく挑戦させていただくお仕事もたくさんでした。
商業施設・ショッピングセンターでの広告や、催事にまつわる制作など。
こども達をメインとしたインタラクティブ開発では、特に多くのチャレンジをさせていただきました。
人が「触れる」という刺激を伝達するインクを使用してのイラスト描き、
人のシルエット型にグラフィックが見えるアトラクションでの素材提供、構成など。
自分の絵で、実際にこども達が楽しそうに遊ぶ光景は、他の何にも代え難いものがありました。


仕事やプライベートでの変化が多い日々でしたが、
周りにはいつも、大好きなクリエイター仲間や、つい飛び込んでしまいたくなる先輩達がたくさん。
振り返った時にいつも微笑んでくれる皆さまを、来年も大切にしていく。
何よりも。


2019年は、山並みのようにしなやかに。
たくさんの風に吹かれても、堂々と。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018/12/26

【グッズデザイン】木箱 クリアファイル

 

札幌を拠点に活動する電子音楽ユニット、木箱。
クリアファイルをデザインさせていただきました。
-----------------------------------
木箱  official web site
-----------------------------------


日頃、アートワークのディレクションを中心にご一緒させていただいております、
札幌在住エレクトロニカユニット「木箱」。
新しいグッズ、クリアファイル(A4サイズ)をデザイン担当いたしました。


今回は、宇宙空間をイメージしたテキスタイル仕様。
フロントのベースカラーはオフホワイト、バックはダークグレーとし、
両面それぞれでふたつの印象を楽しめるファイルに仕上げました。

12月5日にリリースとなった新譜「Orb」を聴きながら、
木箱の宇宙、私なりに見た宇宙を描かせていただきました。

これまでより、少し "しん" とした温度。
美しい星々の気配、時の模様。遠くからの継続的な通信と、音楽の波。
今作の音はいつもに増して緻密で、言葉も声も、奥の方へと渡りゆくものがある。
ランダムに配置されながら、行き先は皆同じ。
円と線と生命体、様々なアイテムたちを静かに散りばめました。


12月24日、アリオ札幌で行われた発売記念インストアLIVEにて、
CD購入特典として配布されました。
今後はグッズとして販売予定です。
新しい作品とともに、手にとっていただけましたら幸いです。

2018/12/18

【ビジュアルデザイン】X'mas Special LIVE / Ario Kids Xmas Party


Ario札幌 様、
クリスマスイベントのビジュアルデザインを担当いたしました。
------------------------------------
Ario札幌
WEB SITE  http://www.ario-sapporo.jp
------------------------------------


札幌市・東区にございますショッピングセンター、
Ario札幌(http://www.ario-sapporo.jp)様。
クリスマスイベントのポスターデザインを担当させていただきました。

メインモチーフは、ギフト(プレゼントBOX)。
いつもたくさんの方々へ向け、ワクワクを提供されているアリオさん。
贈り贈られる気持ちの高鳴りを、クリスマスのキャラクターたちとともに描いたものです。

23日・24日の常設コーナー「シルエット・ファンタジー」では、
今回もアニメーション素材を描き下ろしさせていただいております。
ご家族皆さまで楽しんでいただける内容です
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

2018/11/15

【ビジュアルデザイン】Ario 13th ANNIVERSARY イベントポスター


Ario札幌 様、
開店13周年記念イベントのビジュアルデザインを担当いたしました。
------------------------------------
Ario札幌
WEB SITE  http://www.ario-sapporo.jp
------------------------------------


札幌市・東区にございますショッピングセンター、
Ario札幌(http://www.ario-sapporo.jp)様。
開店13周年を記念し開催されるスペシャルイベントのビジュアルデザインを担当させていただきました。

「パーティー」という言葉を大切に、祝福のムードを。
"集い、楽しむ"空気を演出するアイテムたちを添えて、華やかで可愛らしい場所をイメージいたしました。
2つのイベントで共通使用している背景は、マシュマロ・雲をモチーフに。
お菓子の甘い香りが、遠くから届いたときのワクワク。そんな想いを込めて。


イベント1「スマイルキッズパーティー」では、
お子様たちに向けたインタラクティブ展示があったりと、キャラクター要素も楽しんでいただけるイラストを目指しました。
ケーキやアイス、星のこどもたち。

イベント2「13th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE」では、
さまざまなカタチをした鍵盤楽器たちが囲む様子。
あらゆるジャンルから集まった、素敵なラインナップ。
数え切れない音の表情が集まる様子を、思い描きました。


アリオ札幌さんは、
今年7月に開催されたイベント「アリオワンダーランド」のビジュアルデザインに続いてのご縁となります。(>Blog記事)
リニューアルオープン以降、どんどん楽しみ方が広がっている光景は、ほんとうに素敵で尊敬の心が育ちゆくばかり。
今回のとっておきなイベントたち、ささやかでも私らしく、色を添えられましたらしあわせに思います。

お友達・恋人・ご家族。
みんなで楽しめる内容がぎゅぎゅっと詰まった二日間。
ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

2018/10/31

【ビジュアルデザイン】「hug!!hug!!hug!!」hugvilla「hug」1st Anniversary Party


「hug!!hug!!hug!!」hugvilla「hug」1st Anniversary Party、
ビジュアルデザインを担当いたしました。
-----------------------------
「hug!!hug!!hug!!」
hugvilla「hug」1st Anniversary Party

2018年11/25(日)札幌市 TWLV
LIVE:kensuke yamauchi(sleepy.ab) / 野中ノナ / Re:ric / hugvilla×5uicide10ve0rchestra
Dancer:natte
VJ:Akiho Endo
FOOD:M(ミュウ)
展示:日外たよた

Open 12:30 / Start 13:00
Entrance ¥2,000(+1d ¥500)

hugvilla  official web site
https://hugvilla.jimdo.com
-----------------------------


札幌を拠点に活動する、エレクトロニカ/ポエトリー・リーディング「hugvilla」さん。
昨年リリースとなったalbum「hug」のリリースパーティーが開催決定、
ビジュアルデザインを担当させていただきました。

2014年リリース 1st EP「Ást」ではアートワークを(>Blog記事)、
今作新譜ではディレクションをと、
大切な節目節目でご一緒させていただいてきました。
この度も、素晴らしいお祝いの日、私なりに色を添えられましたこと嬉しく思うばかりです。


今回のビジュアルでは、"hug"の言葉を大切に、
「愛を交換する場所」を題材としました。
上空では鳥が、海底では魚が、静かに愛を渡し合い生きる。
道では人が、美しい夕陽を見て、誰かと寄り添ったり。
花と風、雪、愛が通う様々なシーンを集めた世界。

北欧の少し「しん」とした温度を想い、
色と色のグラデーション、いつもよりグラフィカル要素を強めた表現となっています。


hugvillaさんの音楽は、いつも強い物語がそこで息をしている。
繊細なたくさんの"生きる音"が聞こえ、ハッとする。
今回のリリースパーティーでは、様々な分野から素敵な皆さまが集合し、
さらに世界が厚く深く、空間に充ちることでしょう。

ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

2018/10/23

【アートワーク制作】sonsofu「Overlapping Particles」


sonsofu「Overlapping Particles」、
アートワークを担当いたしました。
-----------------------------------
sonsofu
new singleOverlapping Particles
1. Overlapping Particles
2. Eriel

Release : 2018.10.27 (all streaming platforms)
※詳細後日更新
-----------------------------------


アメリカ・ヒューストン在住の音楽家、sonsofu。
new single「Overlapping Particles」が10/27に配信リリースとなり、
アートワークを担当させていただきました。

sonsofuとご一緒する機会は、今作が二回目。
(>前作Blog記事)
これまでに感じてきた丁寧なきらめき・光の反射を共通させながら、
新音源のテーマに導かれつつ、
私なりの新しい風景、自由に描かせていただきました。


今回は「粒子」に着目し、進めてまいりました。
命をもった粒子の山々。
ガラスのような繊細さと強さ。
sonsofuの音色にはいつも、ものすごくリアルなテクスチャを感じ、
指で触れるように聴いていきます。

風と粒子の動き。
強く吹いた瞬間の、世界の揺らめき。
移り変わっていくことの温度を表現しました。


私はまだ海外を訪れた経験がなく、
sonsofuとの絆を、大切で不思議でいとおしく思う。
はじめは「遥か遠い外側」とのコミュニケーションを想像していたけれど、
心の内側で彼の世界を感じて、
互いの作品がドアとして存在するような、部屋から部屋へ移動しながら深めていくような「形」を思った。
創作の強さ、意識・感覚の強さ、人間の強さを終始感じる時間でした。

ありがとう、sonsofu。
皆さま是非、聴いてみてくださいね。